夢がかなう9か月英語独学法★公式ブログ夢がかなう9か月英語独学法の公式ブログ。著者と一緒に頑張りましょう!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
日本人に共通する3つのネック−その2「シンプルなものを過小評価する傾向」

 「日本人に共通する3つのネック」−その2つ目は


シンプルなものを過小評価してしまう癖

です。


 先回「先走り」について取り上げましたが、日本人には目標をいきなり高く設定したり、日本語でも出来ないことを「英語が出来るようになれば出来る」と勘違いしてしまったり、こうして期待をどんどん先走りさせてしまう傾向があります。


 それにさらに追い討ちをかけるのが

 情報社会です。


 日本には英語に関する情報があふれています。今はインターネットというツールが加わり、さらに膨大な情報が得られるようになりました。


 ではインターネットが普及して日本人の英語が以前に比べ上達したでしょうか?



 インターネットという情報がなかった昔とあまり変わらないような気がしませんか?


 それどころか、インターネットによって英語環境がよくるより、かえって英語について人々がもっともっと深刻に悩むようになってきたように思います。その理由は。。。


 情報が多くなると、それを咀嚼して自分のものにする暇がなくなってしまうからです。



 だから日々沢山の英語についての情報を、蜂のようにインターネットを飛び回りながら忙しく集めている人はかえって実際に学習する時間がなくなってしまい、英語が習得できないのです。


 そして、インターネットで英語学習についての情報収集や意見交換は刺激的なので、それに参加していると学習が進んでいるように勘違いしてしまいますが、実は一歩も進んでいないのです。


 難しく考える癖がついてしまったり、シンプルなものを「シンプルだから効果がない」と思ってしまう人は、もう一度

情報が少なかった時代でも英語をきちんとものにした人はたくさんいる

事を思い出してください。


 咀嚼できる量を確実にこなして”栄養”にする、というシンプルな方法がもっとも効果的だからです。
| 12:14 | メンタル・生活マネージメント | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 著者 |
スポンサーサイト
| 12:14 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://9month.jugem.jp/trackback/14
<< NEW | TOP | OLD>>