夢がかなう9か月英語独学法★公式ブログ夢がかなう9か月英語独学法の公式ブログ。著者と一緒に頑張りましょう!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
マイナス時が学習時
 
 今日は前回inabaさんからいただいたコメントからヒントをいただいて書いてみたいと思います。


 「何か心配していることがあると学習が進まない」



 この悩みは誰にでもありますよね。もちろん私もその一人です。


。。。。ところでみなさんが学生だった頃(または現在学校で)家庭で問題があっても学校で一番の成績を取ったりする生徒さんがいませんでしたか?


 私が高校生だった時の事です。

 クラスの生徒の親御さんが亡くなりました。そのあとすぐに期末テストがあったのですが、彼はクラスで一番の成績を取りました。


 「こんな時なのにすごい!偉い!」


 私を含め担任やクラスメイトたちはその生徒を尊敬しました。

 こんな時に勉強したいという気持ちが起きるなんで。。。と。



 ところが違うのです。本当のところは「こんな時に勉強したい」ではなく、

 こんな時だから学習する

 だったと思うのです。


 「夢がかなう9か月英語独学法」で学習をされている方はステップ1から学習を2週間から3週間くらい続けてゆくと気づかれると思いますが


 学習とはかなり機械的なもの。


 いろんな心配事や自分ではどうにも出来ない問題を抱えている時こそ、学習という機械的な作業を始めてみてください。


 今は学習なんかとても出来ない!と思っていてもとりあえずその日の学習部分を始めてみてください。


 でも。。。心配事のほうに気持ちが向いてしまい、ペンは止まったまま。同じページを開いたまま。


 はじめはそんな状態が続くかもしれませんが、四分の一ページ、半ページ。。。。「にじりにじり」と学習を進すすめてゆくうちに必ずいつかはその日の学習が終わります

 一日で進むところを数日かかって終わらせても構いません。


 終わったところで「あれ、時間はかかったけど学習はすんだ」と驚かれるはず


 もちろん気持ちはそこになかったかもしれませんが、それは全然気にする必要はありません。


 要は機械的にでもやっていれば学習が終わる。終われば達成感があるという事なのです。

 一度か二度だけでも試してみてください。
 気分が乗らなくても心配事があっても今日の分のカリキュラムを始めてください。


 何も手につかない時こそ、他に何もできないからという理由で学習をしてみるのです。


 こういう「成果」を一度、二度、数回と経験してゆく回数が増えれば増えるほど悩み事がある時、悲しい時、辛い時に「気晴らしに」学習する習慣ができてきます。


 もちろん「学習の成果が実になって出てくる」というご褒美もありますから、
こうして二重の意味で辛い時に「学習が助けてくれる」「学習が自分の味方になってくれる」わけなのです。



 辛い時期によい成績をとった生徒は「勉強すればその間は気がまぎれる。それにその成果は成績に現れるから損にはならない。」


 こんな気持ちで学習を続けていたのではないでしょうか。


 みなさんもぜひ試してみてくださいね!
| 12:42 | メンタル・生活マネージメント | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 著者 |
スポンサーサイト
| 12:42 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://9month.jugem.jp/trackback/3
<< NEW | TOP | OLD>>