夢がかなう9か月英語独学法★公式ブログ夢がかなう9か月英語独学法の公式ブログ。著者と一緒に頑張りましょう!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
続ける才能を分析する!その3―「人間は意外と機械的」


 学習を続けるのが難しい人のための

「続ける才能を分析する」3回目最終回です。

 

 最終回のテーマは


 「人間は意外と機械的」。


 本書のP40でも詳しく書きましたが

 みなさんは学習を続けるのにまだモチベーションが上がるのを待っていませんか?

 

With Your Own Two Hands−Self Discovery Through Music(Seymour Bernstein著)

 という本の中で

 「ピアノの練習をはじめると、とたんに気が散る。退屈になって急に他の事がしたくなって練習が続かない。」

 という悩みが取り上げられていました。


 著者であるSeymour Bernstein氏は

 「プロのピアニストも同じ問題と戦っていますが、習のつまらなさや気の散りなどは、皮肉にも練習を続けることによって解消されます。」と書いています。 

 

 同じ点を脳科学者の池谷祐二氏は著書「海馬」(新潮社)の中で

 脳の側巫核がやる気を起こすが、その側巫核は何かをやりはじめないと活動しない

 と分析しています。




 何かを始めなければやる気は出ない。

 脳はそういうつくりになっているらしいのです!


 「バイクのエンジンをかけたからエンジンがかかった」という感じで、何かを始めさえしてしまえば人間もスイッチ押したようなもので、やる気が出てしまうなんてなんだか面白いですね。


 
 そんな人間の「意外に機械的」な特性を利用して、学習意欲がどうしても出なくて間隔があいてしまうという時にこそ

「やる気はやりはじめないと出ない」


 と唱えてとりあえず机に向かってみてください。

 10分後には夢中になっている自分に気づくかもしれませんよ!

 

| 22:04 | メンタル・生活マネージメント | comments(0) | trackbacks(0) | posted by 著者 |
スポンサーサイト
| 22:04 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://9month.jugem.jp/trackback/8
<< NEW | TOP | OLD>>